お知らせ・ブログ

飼葉こぼしてませんか?|2018.06.13

飼葉桶に入ったエサを

鼻先でこぼれさせて地面に落として食べている馬は

少なくありません

 

以前の私は

呑気に「馬の遊び」だと思っていました

 

確かに鼻先での遊びとして

エサを振り撒くこともあるでしょう

しかし一方で

エサを振り撒く馬の多くが

唾液腺が腫れていることに気が付きました

 

 

唾液腺とは耳下腺・顎下腺・舌下腺からなり

馬の場合、耳下腺からのものが70%を超えます

唾液は飼料の咀嚼を潤滑に嚥下し易くする働きがあります

その唾液腺が腫れているということは

充分な唾液が口腔内に届いていないことを意味しています

 

本来なら馬は地面に生えている草を

ほぼ1日中ムシャムシャと食べる生活を送ります

ですから当然唾液も出し続けることになります

唾液は下方を向いたときに出しやすくなる構造にもなっています

 

しかし人に管理されている馬は食事の時間が決められ

また「飼葉桶に肢を引っかけると危険」という観点から

地面には置かず壁や天井から吊るされたりしています

 

エサを飼葉桶から地面に振り撒き

落ちたものを食べるのは

その方が唾液が潤滑に出て食が進むからではないでしょうか?

 

 

もし愛馬の唾液腺が腫れていたら

顔を下向きにしてマッサージをしてあげると良いかもしれません

 

 

 

 

 

顎の裏にある耳下腺はとてもデリケートなので

ほとんどの馬が警戒します

顎から下顎にかけてのラインを優しくマッサージすると

喜ぶ馬は多いです

 

馬の行動はストレスやトラブルを見つけ出すことが出来ます

また反対に「この馬はこんな馬」と決めつけてかかるとサインを見逃してしまいます

 

思考が左脳に偏ると、その危険があるようです

 

今月号の馬ライフは右脳と左脳のバランスを整える

エクササイズをご紹介しています

 

 

聖心堂治療院 Copyright©2017- All Rights Reserved